疲労ストレス解析原理

ムラタの疲労ストレス計は、90~120秒間の心拍間隔のゆらぎを欠損なく取得し、自律神経全体の働き具合と交感神経系・副交感神経系それぞれの働きのバランスを分析します。

電気式・光学式のイメージ図

電気式・光学式のイメージ図

<120秒間の心拍間隔データ>

心拍間隔のグラフ

サーバーにある独自のアルゴリズムのグラフ

サーバーにある独自のアルゴリズムで周波数解析します。

●LF部面積=主に交感神経系の働き
●HF部面積=副交感神経系の働き
●LF部+HF部面積=自律神経全体の働き具合

心拍間隔のグラフ

サーバーにある独自のアルゴリズムのグラフ

サーバーにある独自のアルゴリズムで周波数解析します。

●LF部面積=主に交感神経系の働き
●HF部面積=副交感神経系の働き
●LF部+HF部面積=自律神経全体の働き具合

システム構成

疲労ストレス計の測定結果の確認方法

疲労ストレス計で測定したバイタルデータは、インターネットに接続したクラウドサーバで解析し、モバイル端末に結果を表示します。
モバイル端末にて結果を表示するには、アプリのダウンロードが必要になります。
※クラウドサーバ及びアプリは、株式会社疲労科学研究所のサービスです。

疲労ストレス測定サービスについては、こちら をご覧ください。

疲労ストレス計の測定結果の確認方法

疲労ストレス計で測定したバイタルデータは、インターネットに接続したクラウドサーバで解析し、モバイル端末に結果を表示します。
モバイル端末にて結果を表示するには、アプリのダウンロードが必要になります。
※クラウドサーバ及びアプリは、株式会社疲労科学研究所のサービスです。

疲労ストレス測定サービスについては、こちら をご覧ください。

サーバー接続によりできること

サーバー接続によりできることのイメージ

サーバー接続によりできることのイメージ

本解析方法を作った先生方

●倉恒 弘彦先生(医学博士)
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 招へい教授
大阪市立大学医学部代謝内分泌病態内科学 客員教授

●小泉 淳一先生
横浜国立大学大学院工学研究院 機能の創生部門 名誉教授
放送大学客員教授