疲労ストレス計の製品画像の1つ目

疲労ストレス計の製品画像の1つ目 疲労ストレス計の製品画像の2つ目 疲労ストレス計の製品画像の3つ目 疲労ストレス計の製品画像の4つ目

製品の特徴

  • 医学的背景のあるアルゴリズム
  • 心拍変動を高精度に測定
  • 非侵襲で簡便な測定
※本製品は、医療機器ではございません。
※スマートフォン、タブレットは製品に含まれません。

社会問題化する「疲労ストレス」

疲労ストレスのイメージ

疲労ストレスのイメージ

疲労の正体はカラダの疲れでも、ココロの疲れでもありません。
実は、脳(神経)の疲れがその正体です。脳は神経を通じてカラダを制御しており、それがフル回転していると、休息を欲するようになります。
つまり、この脳からのシグナルが「疲労」。「疲労」は軽く見られがちですが、実は「痛み」や「発熱」と並ぶ3大生体アラームなのです。
疲労で突然倒れてしまう前に、見える化をして休養することが重要です。

疲労ストレス計とは?

心拍変動で「疲労」を測る

何かに集中しているとき、気合が入ったり、やる気になっていたり、没入していたりすると、本当は疲れていても疲労感を感じなくなる場合があります。
「疲労」と自分が感じる「疲労感」は異なります。
心拍や呼吸、消化、発汗、血圧などを制御している自律神経は疲労により異常な状態になります。
すると、心拍間隔のゆらぎ(短くなったり、長くなったりする程度)が変化します。
それを分析することで、自律神経のはたらき、疲労度合いがわかります。

疲労ストレス計の特徴

バイタルデータによる自律神経数値化とビックデータの分析により、自律神経のバランスと偏差値を示し、客観的な評価が難しかった「疲労・ストレス度」を可視化します。
また、測定したデータはモバイル端末で表示し結果を確認することができます。

簡単4ステップ

アプリをダウンロードする 楽な姿勢で椅子に座る 疲労ストレス計を両手で握る 目を閉じてリラックス
アプリをダウンロードするのイメージ図 楽な姿勢で椅子に座るのイメージ図 疲労ストレス計を両手で握るのイメージ図 目を閉じてリラックスのイメージ図
アプリをダウンロードする
アプリをダウンロードするのイメージ図
楽な姿勢で椅子に座る
楽な姿勢で椅子に座るのイメージ図
疲労ストレス計を両手で握る
疲労ストレス計を両手で握るのイメージ図
目を閉じてリラックス
目を閉じてリラックスのイメージ図
使用方法を詳しく見る →

ムラタの“疲労ストレス計MF100”の強み

心拍変動を高精度に測る、電気・光学2方式

正しい解析結果を出すためには
・90~120秒間の心拍間隔データの取得
・その間のデータの欠損がないこと
が必要です。この実現のため「電気」「光学」の2方式で心拍・脈拍を測定。二方式の補完により誰でも安定的に欠損なく測定が可能になるのです。

<ムラタのハイブリッドセンサー>

ハイブリッドセンサーのメカニズム

ハイブリッドセンサーのメカニズム

ハイブリッドセンサーの機能

ハイブリッドセンサーの機能

MF100の強みをさらに詳しく見る →

おすすめの用途

おすすめの用途の写真1
健康経営に取り組む
企業の社員健康モニタリング
おすすめの用途の写真2
トラック・バス・タクシー
ドライバーなどの
疲労・ストレス度チェック
おすすめの用途の写真3
調剤薬局やスポーツクラブでの
健康支援活動
おすすめの用途の写真4
製薬・健康食品・リラクゼーション
関連企業での製品やサービスの
効能効果の把握
おすすめの用途の写真1
健康経営に取り組む企業の社員健康モニタリング
おすすめの用途の写真2
トラック・バス・タクシードライバーなどの疲労・ストレス度チェック
おすすめの用途の写真3
調剤薬局やスポーツクラブでの健康支援活動
おすすめの用途の写真4
製薬・健康食品・リラクゼーション関連企業での製品やサービスの効能効果の把握
導入事例 →

測定結果見本

アプリで表示される測定結果の画面(サンプル)になります。

測定結果の画面1 測定結果の画面2

測定結果のイメージ図

測定結果のイメージ図

データの活用方法を詳しく見る →

広がる研究活用

企業さまの「健康経営」はもちろん、飲料メーカー様や食品メーカー様の研究にも活用いただいております。

エナジードリンクの疲労回復測定への活用事例

エナジードリンクの疲労回復のイメージ図

エナジードリンクの疲労回復のイメージ図

導入実績

日清食品のロゴ ユーグレナのロゴ
> 導入事例へ
日産のロゴ セントラルヘリコプターサービスのロゴ
> 導入事例へ
Felicoのロゴ
日清食品のロゴ ユーグレナのロゴ
> 導入事例へ
日産のロゴ
セントラルヘリコプターサービスのロゴ
> 導入事例へ
Felicoのロゴ

製品仕様

疲労ストレス計の製品画像

 

販売名 疲労ストレス計
形式 MF100
電源 DC3V(単3形乾電池2本)
通信方式 Bluetooth 4.1
使用環境 温度10~40℃ 湿度30~85%RH (結露なきこと)
保管環境 温度5~40℃  湿度5~85%RH (結露なきこと)
寸法 長さ152×幅100×厚み67mm
重量 約110g(乾電池含まず)
付属品 単3形アルカリ乾電池2本(動作確認用)
ご用意頂くもの
・Wi-Fiもしくはモバイル通信
アプリ関連
・本サービスをご使用いただくには、アプリ(無料)をモバイル端末にダウンロードしてください。
・アプリの利用には、有料ライセンスが必要となります。
(ライセンスNoは、メール及び書面にてご連絡致します)
※アプリのダウンロードと測定結果の詳細に関しては、株式会社疲労科学研究所サイトの「疲労科学研究所バージョン」 をご覧ください。
対応OS
・iOS・Android対応、Windows非対応
ご用意頂くもの
・Wi-Fiもしくはモバイル通信
アプリ関連
・本サービスをご使用いただくには、アプリ(無料)をモバイル端末にダウンロードしてください。
・アプリの利用には、有料ライセンスが必要となります。
(ライセンスNoは、メール及び書面にてご連絡致します)
※アプリのダウンロードと測定結果の詳細に関しては、株式会社疲労科学研究所サイトの「疲労科学研究所バージョン」 をご覧ください。
対応OS
・iOS・Android対応、Windows非対応

※製品の詳細に関しては、下記よりお問い合せください。
※本製品は、医療機器ではございません。