「体をご機嫌にする」温活サロン
ビジネス成功のカギは『疲労ストレス計』による成果の見える化

株式会社MEETSHOP
サンナナサロン®
代表取締役 前田晴代 様/取締役 西尾成喜 様

40代以上の女性の7割が「冷え」に悩んでいる――。アンチエイジング関連のビジネス展開を考えた前田さんが、ターゲット女性にアンケートを取った結果は、実に意外なものでした。悩みのタネは「加齢」よりも「冷え」。そこで市場を調べると「冷え」の根本的な解消を提供するサービスは存在しません。まさにブルーオーシャン、ただし成功をより確かなものとするにはもう一つ決定打がほしい。考え抜いた末にたどり着いた結論は、サービスの効果をお客様の目に見える形で示すことでした。施術前後の自律神経の変化を見える化できないか。そこで出会ったのが村田製作所の『疲労ストレス計』だったのです。

目的は「どこにもないサービスを立ち上げる」

―御社が展開されている『サンナナサロン®』は温活専門店ですが、温活とは聞いたことのないサービスですね。

前田様 『サンナナサロン®』を始めたキッカケは、40代以上の多くの女性の悩み「冷え」を根本的に解消するサービスが、どこにもないと気づいたことでした。体を外から温めるグッズはありましたが、それでは根本的な解決とはなりません。そこで、既存のクリニックや柔整などとは異なるポジションとして温活専門店を立ち上げたのです。マッサージやエステとの決定的な違いは、「冷えを解消し、体を丸ごとご機嫌にする」サービスであることです。

西尾様 とはいえ、「冷え」の解消が本当にビジネスとして成立するのか。最初から確信があったわけではなく、仮説を検証するために半年間、実験店舗で試してみました。その結果、お客様のリピート率が100%近くに上りました。しかもこの間、広告宣伝などは一切行わなかったにもかかわらず、口コミだけでお客様が増えていきました。これはいけると確かな手応えを感じたので、本格的な展開に乗り出したのです。

―実際に来られているのは女性の方ばかりなのですか。

前田様 本格オープンしてから3年半ぐらいになりますが、今では半分が男性のお客様です。最初は奥様からの紹介で来られ、効果を実感されてお友だちに広めていただく。そんな流れが定着しているため、未だに広告宣伝は行っていません。

―男性のお客様というと、来店される時間帯が仕事帰りに限定されそうです。

西尾様 サロン経営の最大の課題は集客の平準化、すなわちアイドルタイムをいかに減らすか。要は平日の午前や昼間に来てもらいたい。そんな時間帯に、単価の高いサービスを受けてくれる人は誰か、と考えれば答えは経営者となります。経営者の多くが自らの健康管理に強い関心を持っています。また、流行に敏感なアーリーアダプターが多いから、新しくて効き目のあるサービスと聞けば一度は試してくれる。試した結果に納得してもらえれば、横のつながりで友だちに紹介してくれます。さらに従業員の健康管理にも活用してもらえます。

 課題は「サービスの価値を納得してもらう」

―具体的にはどのようなサービスをされているのですか。

前田様 特殊なマットに入り自律神経の乱れを整えながら「頭蓋骨矯正」マッサージを行います。1回あたり約2時間のコースです。基本的には3週間から1か月に1回来店していただきます。ポイントは単にマッサージを行うだけではなく、毎回お客様の状態に合わせた「学び」を提供すること。サロンでの経験から、自分の健康のために何かやろうと思ってもらえることを「学び」と呼んでいます。この「学び」を自宅に持ち帰って、1か月間実践していただく。といっても難しいことではなく、ベッドに入る最低10分前にはスマホを見ないようにしましょうといった簡単な内容です。その結果を、次回来られたときに確かめるのです。